フォト

アクセス

  • Br_decobanner_20100702162006_4

落し物

  • ふーにゃんは恋人

  • 金魚
  • ちょっとしたゲームです。
無料ブログはココログ

« 切ない思いで | トップページ | 合宿で。 »

2009年7月27日 (月)

本のレビュー

まだ夏期講習が始まっていないので、これを機に本を読んでいました。

まぁ明日から始まる地獄のタームを考えればこんなことをしている場合じゃないのですがw

まず一冊目が「マネー・ハッキング」

これは完全に名前で買いました(笑)

内容は、主人公である米山志乃が突然会社でクビを宣告され途方に暮れていたところにとある男性が現れました。その男はいきなりとんでもないことの協力を求めてきて・・・

幼さがところどころに残る天才ハッカー、後藤。とても銀行員とは思えない野性的な雰囲気の外銀ディーラー、長峰。米銀最大手のファースト・ギャランティ・トラスト銀行の東京支店に20年務めている決済業務のベテラン、米山。そして米山のことを慕っていてひょんなことからハッキングに気づいてしまったファースト・ギャランティ・トラスト銀行システム開発部、小嶋。

後藤たちのハッキングと、それによって矛盾したシステムの稼働時間の誤差を追いかける小嶋。何故志乃はクビになってしまったのか?自分より仕事ができない北川が選ばれた理由は?小嶋の上司が企てている事とは?

・・・という感じの内容です。

銀行に関してあまり知識が無く、内部勘定やオプション取引など分からない単語が出てきました。でも作中でしっかり説明されていて読んでいて苦になる所はありませんでした。

むしろ銀行の業務に興味が湧いてきました。「銀行は大変」という概念だけがまとわりついていて、やりがいのある仕事とは捉えていませんでした(大変なことには変わりないですがw)。

銀行について無知でも普通に読める本なので是非手に取ってみてください。http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B9%B8%E7%94%B0-%E7%9C%9F%E9%9F%B3/dp/4062647109

マネー・ハッキング。幸田真音。講談社。

次の作品は、とても悲しいお話です。

地下鉄に乗ってというタイトルで、読みはメトロに乗って。

主人公の小沼真次は普通のセールスマンであるが、父は世界規模で有名な小沼グループの創立者であり現在の社長である。

真次は三兄弟の一人で次男である。兄は昭一、弟は圭三で各々が特徴を持っていた。

しかし、幼い頃に兄の昭一は地下鉄に飛び込んで自殺をしてしまった。父の傲慢さ。母の非力さ。そして兄の死去。

そんな家庭を悩んだ末に出て行き、弟を置いて母も一緒に住むことになった。

そして妻を持ったが今の職場のデザイナーをしている経歴不明の軽部みち子と愛人関係を持ってしまった。

そして兄の命日の30年後、悪酔いした状態で永田町駅の地下道を歩いているとそこにはありえない光景が広がっていた。

明かされる父の過去。それによる真次の認識の変化。そして途中から一緒に時間を遡るようになった愛人のみち子。解き明かされる真実と結末はいかに。

ここからはちょいちょいネタバレ。

いくつか疑問点があります。過去を変えても”現在”という結果はあくまで変わらない、つまり運命は決まっていることを兄の事故で感じました。にも関わらずみち子の運命はなぜ変えられたのか?

みち子は母との会話で愛する人の幸せを選び、そして一緒に転倒してお腹の自分を生まれる運命をなくしてしまった。

確かにこれで真次は幸せを掴んだかもしれない。ですが僕はそんのは偽りの幸せであると思います。

だって真次が本当に愛していたのは、心から幸せを願っている相手は紛れも無いみち子のことなのですから。

みち子という存在が消え、世界からみち子の記憶だけが奪われ、真次からみち子が消えてしまった時、彼は初めから妻と子供たちの幸せを思っていたことになったのは確かに彼にとっては幸せであると思います。しかしそれは真次がみち子を幸せにしたいと思う気持ちを無視してしまっていると思います。

それと同時に、お時と佐吉が愛し合い、幸せを思う権利も奪ったように思えました。お時がどちらにしろ死んでしまうとしても、それでも佐吉は愛し続けたのではないでしょうか?

むしろ地下鉄を使ってお時が死なないようにするか、みち子を佐吉の所へ行くように誘導すれば良かったのではないでしょうか?

そうすれば最初から二人が愛し合うこともなかったのでは?

いや、それでは現在の記憶が残っている場合を考えると不幸な面が残りますね・・・

結局これが最善の策だったのでしょうか?

僕には判断がつきません。結局誰かしらが不幸になることは運命だったということでしょうか。

人によって相当感じ方が違ってくると思いますので、これもぜひ読んでみてください。http://www.amazon.co.jp/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84-%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD-%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%81%A3%E3%81%A6-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B5%85%E7%94%B0/dp/4062645971

地下鉄に乗って。浅田次郎。徳間書店。

« 切ない思いで | トップページ | 合宿で。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202258/30716784

この記事へのトラックバック一覧です: 本のレビュー:

« 切ない思いで | トップページ | 合宿で。 »

ツイッター

サイト内検索

偉大なるリンク様

  • Web Xing
    PCやゲームの最新情報を色々と
  • PC Tool One
    知っている方も多いと思いますが、VersionTextToolを開発しているLIGHT様のサイトです。 人気のゲーム・アプリ・PC・PSPについて紹介しています。 開発技術を活かしてプログラミング講座なんかも開いています。
  • Perfect Evolution
    壁紙を多く配信しているサイト様です。 壁紙以外にもPCツールやPSP関連情報も扱っています。
  • 痛PSP化計画
    サイト名の通り、痛PSP化するための型紙を作成&配布されているサイト様です。 完全に痛くするために壁紙の配布を行う場合もあります。
  • PSP-MAX
    CFW関連情報サイトです。 あまり知られていない情報も扱うことがあるので、オススメです。
  • NET + GAME GALAXY
    PSP関係の記事が豊富です。 CFWユーザーにはオススメのサイト様です。
  • ゲーム失速注意報
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告