フォト

アクセス

  • Br_decobanner_20100702162006_4

落し物

  • ふーにゃんは恋人

  • 金魚
  • ちょっとしたゲームです。
無料ブログはココログ

« 6.35PRO-B4がリリース! | トップページ | FW6.38リリース! »

2011年4月13日 (水)

6.20PRO-B4がリリース!

Coldbird氏とVirtuous Flame氏より

FW6.35ベースのLCFW、6.20PRO-B4がリリースされました。

Snap299

基本的には6.35PRO-B4と同じ機能です。
6.35PRO-B4がリリース!の記事

導入する際はバージョンを6.20にして置いて下さい。

まずは用意するモノ

・FW6.20のPSP
6.20PRO-B4 (mirror)

手順。

PC上の操作~

①まずは、6.20PRO-B4をダウンロードし、解凍。

PROUPDATEフォルダ・FastRecoveryフォルダの2つをGAMEフォルダにコピー。

ms0:/PSP/GAME/PROUPDATE/EBOOT.PBP
ms0:/PSP/GAME/FastRecovery/EBOOT.PBP

ms0:/
  └ PSP
/
   └ GAME/
        ├ PROUPDATE/
           │  └ EBOOT.PBP

          └ FastRecovery/
                └ EBOOT.PBP

PSP上の操作~

-LCFW-

6.20PRO-B4 Updaterを起動。

Snap288

④下の画像の画面が表示されるので、×でインストール。
※6.35PRO-A~A4を導入済みの場合は×を押せば更新したファイルだけ書き込んでくれますが、一応はL+×で再インストールを選択して下さい。
※初めてなのに何も書き込まれずCompletedと表示される場合も再インストールを選択して下さい。

Snap297_2

⑤終わったら×でXMBに戻る。

Snap296

⑥本体設定の本体情報から6.20PRO-B4になっているか確認したら完了。

Snap299

以上です。

LCFWはHENと同じくスリープでは維持されますが電源を切ると元に戻ってしまいます。

電源が切れてOFW6.35に戻ってしまった場合はOFWのまま「635PRO-B4 Fast Recovery」を起動して下さい。

Snap289

電源が切れても永続的にLCFW状態を維持したい場合は、620PRO_Permanentパッチを導入して下さい。

Snap290

導入方法は以下の通りです。

手順。
※モジュールを書き換える作業をしますので、PSP2000の対策基盤・PSP3000で導入する場合はブリック覚悟で臨んで下さい。

PC上の操作~

①まずは、6.20PRO-B4をダウンロードし、解凍。

620PRO_PermanentフォルダをGAMEフォルダにコピー。

ms0:/PSP/GAME/620PRO_Permanent/EBOOT.PBP

PSP上の操作~

-LCFW-

6.20PRO-B Permanent Patchを起動。

Snap290

④下の画像の画面が表示されるので、×でインストールに同意。
※同意すると書き換えられるモジュール(flash0:/vsh/module/vshmain.prx)のバックアップをms0:/vshorig.prxとして保存されます。

Snap300

⑤「書き換える前にテストモードでチェックしてみるか」と表示されるので、×でテストモードに移行。

Snap301

⑥一度XMBに戻されるので、適当に操作して問題ないか確認。

⑦特に問題ない場合は再度手順③④を行い、下の画像で○を押す。

Snap301

⑧XMBに戻った後に電源を切ってもLCFW6.20PRO-B4が持続されれば成功です。

以上です。

6.20TN-Dのデュアルブートは試していませんが出来るはずです。

なお、アンインストールはインストーラを起動して△を押せばOKです。

それからプラグインは6.35PROと違いpluginsフォルダではなくsepluginsフォルダです。

×ms0:/plugins/
○ms0:/seplugins/

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

クリックお願いします!

Br_decobanner_20100702162006_4

・・・ちなみにVSH MENU・RecoveryMenuの内容は以下の通りです。

PRO VSH MENU

Snap044

-CPU CLOCK XMB-
XMBでのCPUクロック。

-CPU CLOCK GAME-
ゲーム(PS1含む)でのCPUクロック。

-USB DEVICE-
USBの接続先の設定。
内部Flashの1~3、MemoryStick、UMD Discに変更可能。

-UMD ISO MODE-
ISO/CSOゲーム起動時に使用するドライバーの設定。
・Normal
→UMDオンリー
・M33 driver
→M33のドライバー(安心の安定感)
・Sony NP9660
→Sony公式ドライバー(M33には劣る)

-RECOVERY MENU-> -
RecoveryMenuの起動。

-SHUTDOWN DEVICE-
電源を落とす。

-SUSPEND DEVICE-

スリープ。

-RESET DEVICE-
再起動。
※RESTART VSHでは無いのでOFWに戻ります。

-RESTART VSH-
メモリに通電したままLCFWを維持して再起動。

-EXIT-
VSHメニューの終了。

※SELECTを押しても同じく終了。


PRO Recovery Menu
※PSP本体の設定と同じになるので決定は○になります。

Snap045

-Run ms0:/PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT/PBP-
GAMEフォルダのRECOVERYフォルダ内にあるEBOOT.PBPを直接起動。

-Configuration -> -
割とよく使う設定メニューで、今までVSH MENUにあった項目は基本的にここにある。

-Advanced -> -
先進的なメニューの割にあんまり使わないが、プラグインのON/OFFを一括で切り替えたりアナログスティック入力を無効に出来る。

-CPU Speed -> -
CPUのクロックを変更できるがVSH MENUでも出来るのであんまり要らない。

-Plugins -> -
ms0:/seplugins/の各テキストに登録されているプラグインの有効/無効が切り替えられる。

-Registry Hacks -> -
○/×の変更やWMA/Flash Playerをネット認証なしで有効に出来る。

-SHUTDOWN DEVICE-
電源を落とす。

-SUSPEND DEVICE-

スリープ。

-RESET DEVICE-
再起動。
※RESTART VSHでは無いのでOFWに戻ります。

-RESTART VSH-
メモリに通電したままLCFWを維持して再起動。

Configuration Menu

Snap046

-ISO Mode-
ISO/CSOゲーム起動時に使用するドライバーの設定で、VSH MENUの「UMD ISO MODE」と同じ。
・Normal
→UMDオンリー
・M33 driver
→M33のドライバー(安心の安定感)
・Sony NP9660
→Sony公式ドライバー(M33には劣る)

-Fake Region-
本体のリージョン(地域)情報の偽装。

-Hide MAC address-
MACアドレスの表示/非表示の切り替え。

-SKIP Game Boot Screen-
ゲーム起動時の動画(gameboot.pmf)の再生/非再生の切り替え。

-SKIP Sony Logo at Startup-
PSP起動時のSONYロゴの表示/非表示を切り替え。
※非表示だとResetVSHが速くなります。

-Use Custom Update Server-
XMBのネットワークアップデートからダウンロードするアップデータを最新OFWか6.35PRO(LCFW)最新版にするかの切り替え。

-Protect Flash in USB Device Mount-
USB接続時に内部Flashへのアクセスを制限するかしないかの切り替え。

-Use version.txt in ms0:/seplugins-
ms0:/seplugins/version.txt読み込んでバージョンの偽装をするかしないかの切り替え。

-Hide PIC0/PNG and PIC1.PNG in game menu-
ゲームやアプリにカーソルを合わせた時に表示される背景の表示/非表示の切り替え。

-Prevent Hibernation Deletion (PSPgo only)-
PSPgoの一時中断データ自動削除機能の有効/無効の切り替え。

-Charge battery when USB cable is plugged in-
USB接続時の充電機能の有効/無効の切り替え。
※PSP-1000ではEnabledにしても充電出来ません。

Advanced Menu

Snap047

-XMB Plugins-
XMBでのプラグインの有効/無効の切り替え。

-GAME Plugins-
ゲームやアプリでのプラグインの有効/無効の切り替え。

-POPS Plugins-
PS1でのプラグインの有効/無効の切り替え。

-NoDRM Engine-
復号済みEDATA/PGDファイルの読み込み機能を有効/無効の切り替え。

-Block Analog Input in Game-
ゲーム中のアナログスティックの有効/無効の切り替え。

-Old Plugin Support (PSP-Go only)-
これはよく分かりませんので、分かり次第書きます。

CPU Speed Menu

Snap048_2

-XMB CPU/BUS:-
XMBでのCPUクロック。

-Game CPU/BUS:-
ゲーム(PS1含む)でのCPUクロック。

Plugins Menu

Snap049

Enabledが有効で、Disabledが無効。

Registry Hacks Menu

Snap050

-Activate WMA-
WMA再生をネット認証なしで有効化。

-Activate Flash-
Flash Playerをネット認証なしで有効化。

-Seap O/X buttons-
○と×の決定/キャンセルの割り当てを変更。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

クリックお願いします!

Br_decobanner_20100702162006_4

« 6.35PRO-B4がリリース! | トップページ | FW6.38リリース! »

CFW」カテゴリの記事

HEN」カテゴリの記事

PSP」カテゴリの記事

署名」カテゴリの記事

コメント

急に、isotool,filerでUMDが認識されなくなってしまいました。
使っているのは、PSP3000 ver.6.20PRO-B4 Parmanentパッチはあててあります。基盤は03gです。なにか解決策はありますでしょうか?

>名無し様
FW6.20やFW6.35をベースにしたHEN/LCFWではUMDの認識が出来ません。
6.20TN-E Fixや6.35PRO(HEN)といった対応したバージョンもありますが、基本的にはHomebrew上でUMDを読み込むことが出来ません。
従ってHomebrewであるFilerやiso_toolで認識させて吸い出すと言う事も出来ません。
これを解決するにはプラグインを使う必要があります。
umd4homebrewというUMDをHomebrew上で認識させる(名前の通りですけど)プラグインがありますので、それを有効にした状態でFilerやiso_toolで吸い出してみて下さい。

ありがとうございます。!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202258/39597743

この記事へのトラックバック一覧です: 6.20PRO-B4がリリース!:

« 6.35PRO-B4がリリース! | トップページ | FW6.38リリース! »

ツイッター

サイト内検索

偉大なるリンク様

  • Web Xing
    PCやゲームの最新情報を色々と
  • PC Tool One
    知っている方も多いと思いますが、VersionTextToolを開発しているLIGHT様のサイトです。 人気のゲーム・アプリ・PC・PSPについて紹介しています。 開発技術を活かしてプログラミング講座なんかも開いています。
  • Perfect Evolution
    壁紙を多く配信しているサイト様です。 壁紙以外にもPCツールやPSP関連情報も扱っています。
  • 痛PSP化計画
    サイト名の通り、痛PSP化するための型紙を作成&配布されているサイト様です。 完全に痛くするために壁紙の配布を行う場合もあります。
  • PSP-MAX
    CFW関連情報サイトです。 あまり知られていない情報も扱うことがあるので、オススメです。
  • NET + GAME GALAXY
    PSP関係の記事が豊富です。 CFWユーザーにはオススメのサイト様です。
  • ゲーム失速注意報
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告